●くわじまひろこ*花と鳥イラストGallery

Img_c4d34cc59461bf6b4f71f5d3230febee
「イカルの群れとユリノキ 春」
Img_a0508e9a30a6d8ebd61f601ef4668ef0
「Spring 歌甘いもの」
Img_5c1150afc4d51597853820606a09922c
「ウソと杏子の花」
「イカルの群れとユリノキ・春」/2012、透明水彩、B3
樹木ファンの私、一番好きな木です。
京都市植物園のイカルもこの木がお気に入りのようです。


「Spring 歌,花,甘いもの」/2012、透明水彩、B3
(スズメ メジロ ホオジロ ヒバリ シジュウカラ キジ ヒヨドリ)
春の風景。花と鳥の絵って平面的な構図になる事が多いので、
風景画風に描いてみました。


「ウソと杏子の花」   /2012、透明水彩、ポストカード
ぽっちゃり体型が可愛いウソ。
見付けたら「うそ〜」と言うのがお約束☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Img_96fb268065480ee5c0d034756ef17021
「フランスの美しい村を訪ねる旅で出会った鳥さん」
Img_62e9f4f237cdf062931ce6cfa9c8e6b3
「プロヴァンスの出会い」
Img_2db92323bbf7ff1246127563dddff7dc
「ヒバリの詩」
「フランスの美しい村を訪ねる旅」で出会った鳥さん /2009、ペン、透明水彩、B2
2009年KFSアートコンテスト入選
(カササギ ズアオアトリ クロウタドリ コマドリ アオガラ)
画中に描き込めませんでしたが、他にも
ゴシキヒワ、イエスズメ、クロジョウビタキなど、色んな鳥さんに会えました。
これは風景イラストの方にアップするべきか…悩んだ結果、両方に入れときます。
風景も鳥も両方見たい!両方描きたい!おいしいスイーツも!(我が儘な奴です)


「プロヴァンスの出会い」(アオガラ) /2008年、透明水彩、A4
(レ・ボー・ド・プロヴァンスのクレープリー)
2005年、初のフランス旅行で行った、プロヴァンスで
初めて憧れのアオガラに会いました。(日本にはいない) 
オリーブの実を食べてました。さすが南仏!と、何でも素敵に感じます(笑)。


「ヒバリの詩」 /2012、透明水彩、A4
詩はウィリアム・ワーズワース「雲雀に寄す」 To the Skylark より抜粋。
イラストの方は日本のヒバリと春の野草です〜。 
Img_f4d91280054192f42b98040aba763af3
「Leaf コマドリ」
Img_8d3a21cf77de975a5c6f068eb0b5aabb
「コルリ&リーフ」
Img_a09bdf0ff776a530cd5fdc75b54f4b45
「Summer Bird 夏鳥は恋の歌を歌う」
「Leaf コマドリ」/2005、透明水彩、ペン、B6
日本のコマドリ…にしてはキレイですな(苦笑)


「コルリ&リーフ」/2005、透明水彩、色紙
新緑★葉っぱ当てクイズ〜! もっと大きくなる葉っぱもあります。


「Summer Bird 夏鳥は恋の歌を歌う」/2012、透明水彩、B3
(オオルリ クロツグミ コマドリ ノジコ ノゴマ コルリ キビタキ コサメビタキ)
一種づつ描く筈が、鳥さんの大きさ比率は無視して〜詰め込みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Img_edfd233d88fb1dc1788d9a7b480336fb
「エナガの巣材運びと巣立ったヒナ達」
Img_fdd5fc7aa84d7ecba47ab1887a304df8
「キセキレイ親子とシロヤマブキ」
Img_a14a0324f7fa9d668c57dcbbccc0a76b
「サンコウチョウ親子」
「エナガの巣材運びと巣立ったヒナ達」/2012、透明水彩、F4
自分より大きな巣材を沢山くわえて大忙しの親鳥。繁殖中は長い尾羽が曲がっちゃってたりします。
赤目のヒナ達の、互い違いにキュウキュウに枝にとまってる状態の、
エナガ団子が可愛いのです!


「キセキレイ親子とシロヤマブキ」/2012、透明水彩、F4
アオバズクを見に行ったお寺の水路にこの光景!餌もらってるヒナ。まだ尾羽が短いです。
シロヤマブキは、別のとこに咲いてました、演出です〜。


「サンコウチョウ親子」/2012、透明水彩、B4
サンコウチョウの繁殖を見に、雨の中ゼイゼイ言いながら山に登る途中に
咲いていたアジサイ、きれいでした。そんな思い出です。
Img_6644566896268d7e9573203aa6603cfb
「愛しのアルバトロス」
Img_afb5de37760829a302c1eea863dd0b17
「モズ 見回り中」
Img_5435eb3d2fc838b2765efea6e17beff7
「アオバトとドングリ」
「愛しのアルバトロス」/2012、透明水彩、ポストカード
昔から憧れの鳥です。自作の詩を付けました。
同じ相手と毎年カップルになる愛情深きアルバトロスよ〜♪
(和名のアホウドリという名前は好きじゃありません〜)


「モズ 見回り中」/2012、透明水彩、ポストカード
9月、ひまわりの花の残りに止まって、モズが早々と縄張り宣言です。


「アオバトとドングリ」/2012、透明水彩、ポストカード
アラカシのどんぐりは楽勝で飲み込める。
では、大きいクヌギのどんぐりはどうだろう?と思っていたら、飲み込めるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Img_1bcec12d28cba66fe7aed34669c93b21
「群れの小鳥たち 混群リース」
Img_bbe9b36808ea1d62073ff6409599fb00
「キクイタダキ 秋の散歩」
Img_4899a9e701a904ea033df8001e84190b
「カワセミとカモ達」
「群れの小鳥たち 混群リース」/2004、透明水彩、F4
(エナガ ヤマガラ ゴジュウカラ シジュウカラ コガラ コゲラ ヒガラ)
秋冬に群れが混じる小鳥達。カラ類の側には必ずといっていいほど
最小キツツキのコゲラもいます。何でかな。


「キクイタダキ 秋の散歩」/2012、透明水彩、A5
スズメより小さい、日本最小の小鳥。
頭の冠羽が菊の花に由来してのネーミング。まさに秋のイメージです〜。


「カワセミとカモ達」/2012、透明水彩、B4
このカワセミは♂です。カモ達はペアリングを始めます。
ガマの穂大爆発〜は、見た事ない方には分かってもらいにくいのですね。